人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「障害×感動の方程式」というNHKの番組について!!!

障害者を感動話にするのはどうなの?的なNHKの番組が24時間テレビの裏側であったらしい。

 

障害×感動の方程式などという言葉が出てきたそうな。

 

う〜ん、こじつけのような。

 

果たしてそこまで考えるだろうか?

 

差別とか、差別しないとか、健常者だとか、そういう言い方はどうとか、特別視する、しない…

 

この世には色んな人間がいるのだ。

 

ならば色んな意見や考えがあって当然だ。

 

ならばもう「受け入れる」しかないのではないだろうか。

 

「ああ、そういう考え方もあるのか。」

 

「え?私はそうは思わないけど、まあ人それぞれだもんね」

 

もうこういう風に受け入れるしかないと思う。

 

価値観の違う人に自分の価値観を分かって貰おう、完全に理解して貰おうという行為は無理がある。

 

ならばもう「受け入れる」しかない。

 

そして理解不能な意見が飛び交っていても、それはそれ。別にそれを押さえ込もうとしたり、ねじ曲げようとしたり、解らせてやろうなどとはしない方がいい。

 

疲れるだけだ。

 

自分にとってどの道大切にならないような人に、自分の考えを分かって貰おうなどとは思わない方がよい。

 

人生の時間の無駄なのだから。

 

しかし24時間テレビの放送後は必ずネット上でああ言えば、こう言うような状況になる。

 

そんなことを言い出したら、もう何もできないではないか。

 

どんな番組も制作できなくなるし、どんな番組も放送できなくなる。

 

それほどつまらない世の中はないと思うが。

 

規制、規制、規制で無駄や悪いものなど一切ない。

 

そんな世界はロボットの住む世界だ。

 

良い感情も悪い感情も、嬉しさも悲しさもあるから人間なのだ。

 

しかし障害×感動の方程式などと、そんな言葉は普通、考えつきもしないものだが。

 

なんでもかんでも方程式にするな!と言いたい。