人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

細かい小金をちょこちょこ使うのは貧乏人

自販機で毎日ジュースを買う。

 

コンビニでタバコを買うついでに色々余計な物を買う。

 

その他諸々。

 

小金を毎日使うのは貧乏人の特徴なのだそうだ。どこかのコラムで読んだ。大元は忘れた。すまない。

 

しかしこれはあながち間違ってはいない。

 

貧乏人は月収が少ないから、貧乏人と称される。

 

にも関わらず毎日コツコツと小金を消費していたら、その額は大したものになる。

 

タバコ、ジュース、その他諸々に毎日1000円使ったとしよう。

 

1ヶ月で支出は3万円になる。

 

月収が少ない上に、資産にならないものに3万消える。

 

金が貯まる訳がない。

 

貧乏人ほどタバコをバカバカ吸い、酒をガバガバ飲み、無駄金をせかせかと使う。

 

タバコも酒も、その他小金で買えるものも人生の喜びの一つなのはわかる。

 

しかし

 

「別に裕福じゃないけど幸せ」

「世の中、金じゃない」

 

と、貧乏人は必ず言う。

 

裕福じゃなくとも幸せになれることも、世の中金が全てじゃないことも、そんなのは誰だって分かりきっている。

 

貧乏が悪いとは思わない。

 

だが貧乏であることはきっとストレスではあると思う。

 

○本当は欲しいものがあるのに買えない。

 

○本当は行きたい場所があるのに行けない。

 

○本当はやりたいことがあるのにやれない。

 

これらはすべて金の問題ではないか。金がないことによるストレスは必ずある。

 

 

「あー、もっと金があればな〜」なんてセリフは大人になってからは恥ずかしいので使わないようにしたいものだ。

 

「どうすれば稼げるか?」を真剣に考えるのだ。

 

そして行動に移す。

 

そういう人だけが貧乏から脱出できるのだ。

 

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん