人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

優しさ見失ってまで強くなって何を守れるのだろう

タイトルはコブクロの「風見鶏」という曲の歌詞の一節である。

 

「優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう」

 

非常にシンプルだが、的を得ていることだと思う。

 

人は強くなければ生きていけない。逞しさは絶対に必要なものだ。

 

だが人として、根底には優しさが流れていて欲しいのだ。

 

そうでなければ人間とは言えないような気もするのだ。

 

優しいだけじゃダメだ。でも強いだけでもダメなのだ。

 

大切な人を守れる強さ。そして守りたいと思う優しさ。

 

その二つをバランス良く持ち合わせていたいものだ。

 

5296(DVD付)

5296(DVD付)