人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

他人の事が気になるのは自分自身が満たされていないから

だから暇な人っていうのは他人の揚げ足を取ってはボロクソに叩く。

 

自分自身が満たされていれば、他人のことなどいちいち気にならなくなる。

 

というか夢や目標、やるべきことがあるのでいちいち他人のことを気にしている暇がないのだ。

 

では事件や政治に無関心なのか?と言われれば、極端に言うとそうなのかもしれない。

 

極端に言えば、である。

 

勿論世の中に起こっている事件、自分の国の政治のことはニュースで知るし、まったく無関心ということではない。選挙にも勿論行く。

 

しかし対象を見つけては面白半分でボロクソにバッシングするようなことはしない。

 

そういうことに時間を割かない。人生の貴重な時間を、そんなことに使わない。

 

そういうことを思考すると心がドス黒く腐っていく気がするのだ。

 

それに誰かを叩いても得るものなどはないと思っている。

 

せいぜい、自分の優秀さをアピールして自己陶酔できるぐらいだ。

 

まあ本当に優秀な人間はいちいちアピールもしないだろうが。

 

悪い事をした人間、不正を働いた人間に対しては、ちゃんと叩く役割の人間がいるのだからそういう人に任せておけばいい。

 

だが世論というものもある。

 

ならば「正しいと思う」「間違っていると思う」のどちらかでいい。

 

必要以上に叩いてたり、いつまでも掘り下げてバッシングしたりする人はイジメっ子の要素を含んでいるような気がする。

 

叩く、バッシング、揚げ足取り。

 

こんなことに人生の時間を使うのは、なんか嫌じゃないだろうか?

 

頭の中をそんなことで一杯にするのは、私は耐えられない。

 

とか言って私もブログでいちいちこんなことを書いている時点で、自己陶酔しているのだろう。

 

まだまだ修行が足りない。