人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

オラオラ系キャバ嬢の成れの果て

昔、オラオラ系のキャバ嬢に会ったことがある。

 

その人は見た目はとても美人で綺麗だった。

 

しかし内面が凄まじかった。

 

俗に言うオラオラ系なのだ。

 

口調がきついし、眉間にシワ寄ってるし、睨んでいるような目つきだし、無愛想な表情でせっかくの美人が台無しだった。

 

ただ単に機嫌が悪かっただけなのか?

 

アレの日だったのか?

 

そのキャバ嬢の隣にいた男は普通にイケメンで笑顔が素敵なナイスガイだった。

 

その彼が隣で常にニコニコして、キャバ嬢のご機嫌を取っていた。

 

あのキャバ嬢には勿体無いような、ジェントルメンだ。

 

 

女性の美しさは永遠ではない。

 

必ず老いていくものだ。人間誰しも。

 

ならば若いうちは見た目の美しさだけで何もかも許されるかもしれないが、歳を取ってからは違う。

 

外見の美しさがなくなっていくなら尚更、内面が美しくないと誰からも相手にされなくなる。

 

ましてや本物の良い男は、美人などいくらでも付き合ってきた経験があるので段々とそこに価値を感じなくなる。

 

女性を見る基準が段々と内面の方へとシフトしていくのだ。

 

だからこそ女性だけに限らず男性もそうだが、人間は結局最後は内面なのだ。

 

内面も磨いていこうではないか。

 

しかしあのオラオラ系キャバ嬢はインパクトが強すぎて今でもしっかり覚えている。

 

もう5年以上前の話になる。

 

今頃どんな人生を歩んでいるのだろうか。