読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

二人三脚で巨乳の先輩とペアになった話

中学校の頃の話だ。 体育祭、すなわち運動会なるものが行われるのだが なんといっても目玉の競技は 二人三脚である。 1~3年生まで、男女もバラバラでランダムにペアが抽出される。 そこで私はなんと!!! 学校一番の巨乳で噂の先輩(推定Gカップ。しかも結…

「絶対に落としたい」とか「絶対にヤリたい」とか思ってる時点で負け。

ちょくちょく耳にする言葉がある。 「あの女を絶対に落としたい」 とか 「絶対にヤリたい女がいる」 とかいう男の謎の目標的なやつw 己の人生そっちのけで女性を追いかけることに躍起になっているメンズ。 ハッキリ言うが そんなこと思ってる時点で負けてる…

【メカニズム2】なぜ仕事を頑張って結果を出すとモテるようになるのか?~完結篇~

なぜ私が常日頃 モテたいなら仕事を頑張れ!と言うのか。 さらに!さらに!簡潔に伝えていく。 ごちゃごちゃ書いても重点が伝わらない気がするので。 まず ①人間には「手に入らない物が欲しい」という自然な欲求がある。 もうすでに自分に惚れている、手に入…

満員電車の中で女性がもたれかかってきた時の話

その昔。 私がまだ東京で学生をやっていた時の話だ。 満員電車に揺られながら通学する日々。 田舎から上京してきた私にとっては何もかもが新鮮だった。 満員電車の中のあの出来事すらも…。 いつものように私は電車を待っていた。 そしていつもより1~2分遅れ…

イケメンよりもモテメンになろう!!

「イケメン」っていうとあなたはどういう印象を抱くだろうか? 私の中では ○ジャニーズのように整った顔立ち、綺麗な髪質w ○身長が高くてキリッとした小顔の男前 ○芸能人でいうと斎藤工、向井理、山崎賢人、TAKAHIROなどなど とにかく「非の打ちどころがな…

エロいことを考えればモチベーションは上がる

現代を生き抜くビジネスパーソンにとってモチベーションの低下は命取りである。 モチベが下がっていてはやられる!負ける! 常に高いモチベーションをキープしなければならない。 「人間なんだから気分が沈む日もあるよ…」 勿論その気持ちは分かる。人間だも…

ヤリチンの根底には常に愛が溢れている。

ヤリチン。 ヤリチン! このヤリチンがぁ!!! … いきなり下世話な言葉を連呼してすまない。いや、私は別に「ヤリチン」という言葉が下世話だとは思わない。むしろ男なら言われて光栄である。 さてタイトルにもある通りだが ヤリチンの根底には常に愛が溢れ…

恋愛は頑張らない方が上手くいく

恋愛は頑張らない方が上手くいく。 私は個人的にそう思っている。 そもそも恋愛って相性の問題だと思うのだ。 たとえば 第一印象とかそれ以前の問題として 「この人、根本的に無理!」 「マジで気持ち悪い」 「眼中にない、そもそも視界にすら入っていなかっ…

常識を疑え。素直さに従え。

最近、女性を酔わせて無理矢理レイプする事件が多い。 非常に不愉快なのである。 そこで私は思うことがある。 常識を疑え。素直さに従え。 と。 「え?いきなり何のこと?」と思うかもしれないが たとえば… 女の子を口説くとき、デートに誘うとき、まず最初…

どうして素直に「好き」と言えないのか?

どうして素直に「好き」と言えないのか? これは何も恋愛に関してだけではない。 あれが好き これが好き こういう気持ちを押し殺して周りの顔色を窺いながら生きている人というのは結構多いのではないだろうか。 周りに嫌われたくない? いいじゃん。別に嫌…

女たらしのことをゲスとかいう風潮

ゲス。 ひどい言葉である。 最近では女たらしのことをネットではゲスと言うらしい。 しかしよく言えばそれはプレイボーイ。モテ男なのである。 みなさん薄々感じているかもしれないが 世の中の男子は 9割の男がパッとしない男だとして 本当にモテる男ってい…

あなたの恋の思い出を語ってください。

いきなりだが 〜あなたの恋の思い出を語ってください〜 と言われたらどうするか。 時間は無制限、いくらでも語ってよい。 あなたにはいくつの恋の思い出が出てくるだろうか? どこで出会った。 どこで告白された。告白した。 付き合った。振られた。 初デー…

内面も外見も50%50%で大事

最近ハッキリと気づいてしまったことがある。 いや、恋愛に関する話なのだが やっぱり 外見も大事!!! ということである。 つい最近まではちょっと大人ぶって、あたかも恋愛を分かったかのような感じで、女性を知り尽くしたかのような感じで 「内面こそが…

ミルクセーキ。

あなたはご存知だろうか? 「ミルクセーキ」なる飲み物を。 カフェなどで頂ける。 アイスとホットがあるのだが この時期はホットがオススメである。 ほんのりと芳しい、白濁した生温か〜いあの感じ。 ミルクセーキ。 いや、決して下ネタを言っている訳ではな…

もしも「男が性犯罪を犯したら去勢」という法律が出来たら

最近、女性を酒で酔わせてレイプする事件が多い。 まあ今に始まったことではないのだろうが。 アダルトビデオにもそういうジャンルがある。 いわゆる「泥酔モノ」 しかし、現実でそんなことをしたらもれなく犯罪。 鬼畜の所業である。 男の性犯罪はなくなら…

筋トレ革命!肉体改造!激モテ人生計画始動!!

ブログタイトルを見て 完全に頭がオカシイ! 逝っちゃってる!! と思われた方もいるだろう。 今更だけど筋トレの楽しさに気づいた私である。 昔から筋トレはしていたのだが、なんか義務感というか「あ〜筋トレしなくちゃな〜」という感じで行なっていた。 …

【考えたことある?】ブラジャーの気持ち

ねえよ!!そんなもん!!! という声が聞こえてきそうだ(笑) しかし 私はいつか女性に聞いてみたいことがあるのだ。 真剣に、真面目に、真顔で、冗談抜きで。 「ブラジャーつける時ってどんな気持ちですか?」 と。 まぎれもないヘンタイである(笑) 完…

【ちょっぴり恥ずかしい】人には言いにくい話

突然だが、私には美学がある。ポリシーである。 正しくはポリスィーと発音する。 まあそんなことはどうでもいいのだが 私はオナニーする際は絶対にオカズを使わずに想像だけですることにしている。 なぜいきなりこんなことをブログに書くのかというと 書きた…

明日のお昼はケバブで決まり♪

「毎日のランチだけが楽しみで会社に行ってます!」 などという変態はいないだろうか?(笑) 冗談はさておき、毎日のランチメニューは迷うものである。 手作りの愛妻弁当でもあればいいのだが、毎日出来合いのコンビニ弁当、もしくはカップラーメン、定食屋…

おっぱい

本当にすまない。 だが、私は昔から夢があった。 それが今叶ったのである。 「いつか絶対にやってやる!」と思っていたのだ。 そう。それこそが 「おっぱい」というタイトルのブログを書くことだ。 う〜ん、くだらない(笑) 昔、あるキャバ嬢に聞かれたこと…

女子からの嫌われ具合がハンパじゃない

最近の私は女子からの嫌われ具合がハンパじゃない(笑) シカトされまくりの、既読スルーされまくりの、ブロックされまくりなのである! う~ん、思い当たる節はある。 しかしなんだろう。 普段は自分の都合の良い時だけ連絡して、既読スルーしたりシカトした…

は?俺童貞じゃねーし!

その昔「は?俺童貞じゃねーし!」とまるで壊れたロボットのように繰り返す友人がいた。 男が集まって話すことといえばほとんどが下ネタな訳だが、その中に童貞がいたりすると厄介だ。 生々しいリアルな下ネタについていけない童貞を見て冗談でも「お前、童…

【メカニズム解明】好きな人をオカズにしない方が良い理由

本日はちょっぴり下世話な話になる。 というのもオナニーについての話だからである。つまり自慰行為である。 しかし真剣な話なので聞いて貰いたい。これがかなり重要な問題なのだ。 今の時代、オナニーはさほど恥ずかしい行為ではない。昔よりは大っぴらにな…

エッチ後に逆に優しくなる男

それがまさに私である。 なぜエッチ後により優しくなるのか? それは感謝しているからである。 深い愛に感謝。 人間に生まれて良かった〜という感謝。 あなたに会えて良かったという感謝。 大自然、宇宙に対する感謝(マザーネイチャー) B'zの曲で「long ti…

もっと入り込め!役になりきれ!憑依しろ!

もっと役に入り込むのだ。演じろ。なりきれ。憑依しろ。魂を込めろ。 なんの話か? エッチの最中の話である。 このブログは大変生々しくお下品なので苦手な人は見ないで欲しい(と言われると見ちゃうよね) どうも周囲の夜の営み話を聞くと情熱が足らない。…

女性にツッコミを求めるな

その場を盛り上げようとして訳のわからないボケやギャグを連発する男がいる。 そして女性がツッコんでくれなかったり、反応に困っていると「突っ込めよ〜」とか言っちゃう始末。 ハッキリ言って女性にツッコミを求めてはいけない。 華麗にツッコミを入れられ…

コカンのニオイ

私は昔、サッカー部だった。 サッカー部の経験がある人は分かるだろうが、練習後のコカンは凄まじく臭いのだ。 先輩がよくふざけながら「俺のコカン嗅がせるぞコノヤロー」と言っていたのを覚えてるが、マジで失神するレベルの臭いなのだ。 サッカー部はモテ…

女の顔を近くで見るとうぶ毛が生えている

私がまだ童貞ソーヤングだった頃、女の顔を間近で見たことなどなかったのである。 なので初めて彼女が出来て、間近で女の顔を見たときビックリした。 「あ!うぶ毛が生えてる!」 人間なのだから当たり前だ。 しかし童貞というものは女に幻想を抱いているも…

試しに一回やってみて欲しい〜あなたのキス顔〜

自分のキス顔は相手にどんな風に見られているのか、気になったことはないだろうか? そんな時は試せばいい。 鏡の前でキス顔をするのだ。 しかしキスをする時は目を閉じる人が多いと思う。なので鏡じゃ確認できないじゃないか!いいや、そんなことはない。 …

手をつなぐのもいいけど服の袖などを掴まれるとタマラン

「萌え〜!」とは最近聞かなくなったものだ。 さて、私が昔付き合っていた彼女の話になる。 その彼女は手をつなぐのは手汗をかくから嫌だと言い、デートなどでは私の服の裾や袖を掴んで一緒に歩いていた。 この可愛さ。分かる人はいるだろうか? 今風な言い…

コンビニでエロ本を買っている人を見たことありますか?

私はない。 思い返せば一度もない。 コンビニにはエロ本コーナーがある。 チラッと目に入り気になってしまうエロ本コーナー。 しかしあそこからサッとエロ本を取ってレジに向かう人を見たことがない。 そもそもレジにエロ本を出している人を見たことがないの…

【イラッとする話】ブラジャーによる男女の食い違い

若かりし男の性欲とは凄まじいもので、別に可愛くもないし好きでもない女性と平気で寝たりする。 今から話すのは私が10代の頃の話。 当時は毎日のようにムラムラしていたので、手頃な関係を求めていた。 「ああ〜手頃にしたいな〜手頃に」と口癖のように手頃…

どこ見てんのよ!このむっつりスケベ!!

昔ロンドンハーツでパンチラホイホイというコーナーがあった。 男芸人を打ち合わせと称してカフェに呼び出すのだ。 そしてそこに際どいミニスカートの美女を登場させる。 ターゲットとされる男芸人の視線の対角線にその美女をセッティング。 そしてその美女…

疑惑の目!爪が短い女性はアレをしている?

その昔、女友達からくだらないトリビアを教わった。 トリビアというか本当か嘘かも分からないただの噂話である。 なんでもその女友達いわく 「爪が短い女は絶対に一人エッチしてる」らしい。 なんとまあ(笑) そんな話を聞いてから、爪の短い女性を見るたび…

給食でカレーの時だけおかわりをするK君〜その悲しい末路〜

給食のカレーは美味い。 今はどうか分からないが、私が子供の頃の給食のカレーは絶品だった。 カレーの時だけ男子がこぞって皆、おかわりをしたものだ。 それだけ給食のカレーは美味かったということだろう。 そんな給食での話であるが… 給食をおかわりする…

性欲に取り憑かれた男はモンスターと化す

性衝動に突き動かされた男はまるで怪物と化す。モンスターだ。 女性からしてみたらこれほど恐ろしいものはないだろう。 だが全ての男がそうではないのだ。 しかし、近頃あまりにも性欲絡みの事件が多い。 最近あったサマーランドの切りつけ事件だって結局、…

面白半分で高畑容疑者を叩くなよ!?

ということである。 想像してみて欲しい。 仮にあなたの父親が強姦事件を起こしたら? あなたの息子が強姦事件を起こしたら? あなたの母親が人を殺したら? あなたの娘が人を殺したら? あなた自身が罪を犯したら? どうする? 深く考えてみよう。 しかし、…

いやらしい目つきで女性を見るのはやめて下さい!

そもそもいやらしいことを考えるのをやめて下さい! ということである。 エッチ、スケッチ、ワンタッチという言葉が昔流行った。 しかし今のご時世、そんなかわいいものではない。 どエロ!むっつり!キモい!おぞましい!変態! これぐらいの言葉がピッタリ…

「性欲を抑えられなかった」とは簡単に言うが、よく考えると恐ろしい

強姦事件で捕まる犯罪者。 動機は「性欲を抑えられなかった」と言うのだが、落ち着いてよく考えてみると恐ろしい。 これは言い換えれば 「腹が減ったから隣でハンバーガーを食べている人のハンバーガーを奪って食べた」 「自分が欲しい服を友人が着ていたか…

男の人生を狂わす原因のほとんどが性欲なのかもしれない

男の人生を狂わす原因のほとんどが性欲だと思う。 高畑裕太さんが逮捕された。 強姦容疑らしい。 胃が痛い話だ。 最近知名度も上がり、親の七光りを払拭しつつあるほどの活躍ぶりだった。 まだ22歳ということじゃないか。 しかしもう終わった、としか言いよ…

なぜ?女性が西島秀俊を好きになる理由を訊いてみた

西島秀俊さんといえば渋くてダンディな俳優だ。 肉体も引き締まっていてセクシー。 どこか危なげな雰囲気がありつつも、優しい笑顔も併せ持つ色気のある男性だ。 西島秀俊さんはとにかく大人気なのだ。 若い女性から年配の女性までみんなこぞって「好きな俳…

俺はモテる自慢が鼻につく男を黙らせる方法

女性の皆さん。 俺はモテるんだぜ!自慢が鼻につく男に出会ったことはありませんか? いかに自分がモテるかを自慢してくる男。実際にモテてたとしても相当ウザいな〜と思ったことはありませんか? そんな男に上から「なあ付き合おうぜ?」って言われた時の、…

女性更衣室を盗撮して捕まった校長先生の話

またしてもわいせつな事件があった。 学校の女性更衣室、女性トイレを盗撮して捕まった校長先生の話だ。 あのねぇ。 自分の欲望を満たすためにハァハァしながら気持ち悪い顔してカメラを設置してる、まさにその光景を誰かに盗撮して貰って、その映像を自分で…

スカートに体液ぶっかけたおっさんが捕まった話について思うこと

最近やたらと多いわいせつな事件。 なかでも笑ったのが電車の中で女子高生のスカートに体液をかけたおっさんが捕まった事件。 体液ってwww 人がいる電車の中で、しかも女子高生に体液をかけるとか、相当興奮して病みつきになっちゃってたんだろうけどアホか…

顔もスタイルも一切関係なく色気を出す方法

「私、色気がないのよね…」 なんてお悩みのあなた! 大丈夫です。 顔もスタイルも一切関係なく、色気を出す方法があります。 まず間違いなく男性に異性として見て貰えるでしょう。 それは 「下着をエロいものにする」ことです。 ここで女性は勘違いするので…