人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

自分は「特別な存在」だなんて思わない方がいい。

誰しも一度は思ったことがあるのではないだろうか。

 

自分は何か持っている。

 

自分は明らかに人とは違う。

 

自分は天に選ばれし特別な存在だ。

 

ちなみに私は小さい頃からずっとそう思っていた(笑)

 

しかし、最近思うのだ。

 

もしかしたらそれってみんなが思っていることなんじゃないだろうか。

 

人間というのは当たり前だが自分の人生しか生きれない。

 

他人がどこでどういう時間を過ごして、どういう経験を積んでいるかなんて見ることはできない。分からない。

 

だから自分の人生で経験してきたことが物事の全ての基準だと思ってしまう。

 

そして「自分は他の人とは違う、特別な人生を歩んでいる、自分が一番だ」そういうある種、錯覚のような感覚に陥る。

 

誰しもオンリーワンであることは事実だ。

 

十人十色とはその通りなのだけど

 

しかし

 

特別かどうかは自分で決めることじゃない。

 

特別かどうかは周りが決めることだ。

 

最近ものすごく思うのだが

 

大物であればあるほど謙虚でラフだと思うし、小物であればあるほど虚勢を張って粋がる。

 

というか

 

謙虚でラフだからこそ大物になれるし、虚勢を張って粋がるような人間だからこそいつまでたっても小物なのかもしれない。

 

というのもインスタを見てふと思ったのだ。

 

みんな肩書が欲しいんだな~と。

 

〇〇公認アンバサダー

 

〇〇公認カップル

 

公式インスタグラマー、公式インフルエンサー

 

ファッショニスタ、プロトラベラーetc

 

みんな誰かに認めてほしくてたまらない。

 

他人とは違う特別な存在になりたい。

 

有名になりたい、ビッグになりたい。

 

そんな欲望が溢れ出している。

 

だけど冷静になって考えてみて欲しい。

 

「え!?〇〇公認アンバサダーなの!?超すごい!握手して!サイン頂戴!!」

 

なんて言われるだろうか?(笑)

 

そんな風に周りに思われるだろうか?(笑)

 

むしろ私は思う。

 

そんな中途半端な肩書がある方が逆にダサい、と。

 

「え?俺?別に何者でもないよ。ただの普通の人」

 

とか言っておきながら実は業界ではバリバリ有名でゴリゴリなビジネスパーソンとかだったら、めちゃくちゃカッコよくないだろうか?

 

シンプルにラフに生きることのかっこよさ。

 

これを忘れたくない。

 

人間誰しも裸で生まれる。

 

誰しもただの人間なのだ。

 

だからこそ行動と結果で語るしかない。

 

男は背中で語るもの、とはよく言ったものだ。

 

肩の力を抜いて、シンプルに、ラフに、謙虚に、素直に

 

飾らずにありのままの自分で生きることを大切にしよう。

 

そういう人って愛されますからね。

 

私も日々学んでいかなければ…

やっぱり学びに終わりなどない。

 

生涯勉強ですよね。

女子の言葉のニュアンスはダリの絵画のように意味不明。

ダリの絵画。

 

ご存じだろうか?

 

シュールレアリズムで有名な画家なのだが、あの絵を初めて見たとき、こう思った。

 

意味不明だ、と(笑)

 

もっと知りたいサルバドール・ダリ (生涯と作品)

もっと知りたいサルバドール・ダリ (生涯と作品)

 

 

ダリ:シュルレアリスムを超えて (「知の再発見」双書)

ダリ:シュルレアリスムを超えて (「知の再発見」双書)

 

 

そう、そしてそれに通じるものがあるのだがそれは

 

女子の言葉のニュアンスである。

 

これは本当にそう思う。

 

たとえば

 

〇女子が言う「ぽっちゃり」は男から見たらただの「デブ」だ。

 

 

〇美人な子が明らかにブスな子に向かって「可愛い~」とか言うのはその容姿に対して言っているのではなく「仕草や言動や内面」に対して言っているのだ。

 

 

そして私が何よりビックリしたことがある。

 

これは私の実体験なのだが…

 

私は昔、女子がよく男に言う「もっと太って~」とか「ガリガリは嫌~」とか「マッチョすぎるのも嫌~」とかいう言葉を真に受けて、めちゃめちゃ太ろうとしたことがある(笑)

 

「中肉中背体型、普通体型が一番良いのか~」と思って、飯をバクバクと食べてウェイトアップしたのだ(笑)

 

しかしである。

 

ある時、鏡に映る自分の丸い顔や締まりのない腹のぜい肉を見て思った。

 

いや、これ絶対にモテないだろ、と。

 

こんな男とセックスしたいか?と。

 

思い出してみて欲しい。

 

玉木宏だって斎藤工だって山下智久だってみんな顔の肉がほぼなく、頬はこけてシュッとしている。

 

明らかにそっちの方がイケメンじゃないか。

 

外見ではなく内面の方が男は大事だと思うのだが、外見の要素もナメちゃいけない。

 

そう気づいてからダイエットを決意。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させつつ、適度な筋トレもして身体を引き締めた。

 

良い具合に顔の肉は取れ、シュッと精悍な顔つきになってきた。

 

それからというもの

 

明らかに女子の反応が良いのだ。

 

私を見る目が違うもの。

 

なんか切ない目でキラキラしてるもの(笑)

 

これは私の思い違いかもしれないし、個人差によるかもしれないが、私の場合は

 

痩せてる方が明らかにモテた。

 

女子の言う「太って~」とか「ガリガリは嫌」「マッチョすぎるのも嫌」というのはまさに絶妙なニュアンスなのだが要するに男の感覚からすると

 

細マッチョ、ガリマッチョぐらいのことを指している。

 

むしろ痩せすぎぐらいの方が男は絶対にいいと思う。

 

なんかこう

 

サムライのような感じになった方が絶対にいい。

 

サッカーで言うところの本田圭佑とか長谷部誠みたいな感じね。無駄なぜい肉はなく、研ぎ澄まされた感じ。

 

いや~しかし

 

女子の言葉のニュアンスというのは本当に意味不明である。

 

真に受けてたら人生を狂わされるレベルである(笑)

 

という訳で、思い立ったが吉日。

 

適度な運動に適度な筋トレ。

 

人生を充実させたいメンズには必須科目であります。

ネガティブの度が過ぎる人は救いようがない。

ネガティブ過ぎる人。

 

度を超えてネガティブな人。

 

もはやプロと呼べるレベルでネガティブ全開な人。

 

あなたの周りにもいないだろうか?

 

物事全般、何に対してもすぐに悪い方向へ考える人。

 

究極のドMと呼んでも過言ではない。

 

少し身体の調子が悪いだけで

 

「どうしよう。私病気かもしれない…ガンかな…」

 

少し嫌なことがあっただけで

 

「ハァ~…最近良いことないなぁ…ツイてないなぁ…なにか面白いことないかなぁ…」

 

買い物をする前

 

「通販とか怖い。騙されるかもしれない。クレジットカードの情報がバレたら怖い」

 

買い物をした後

 

「壊れたらどうしよう。汚れたらどうしよう。いや~買っちゃったどうしよう」

 

 

うん。

 

 

もはやコメディ(笑)

 

 

ギャグでもなんでもなく、実際に私の周りにこういった人がいるのだ。

 

あまりにもネガティブすぎるのでツッコんでみたことがある。

 

「どうしてそんなに悪い方向へばかり考えるの?」と。

 

すると返ってきた答えがこうだ。

 

「だって私、そういう性格だから」

 

うん、

 

じゃあしょうがねえ(笑)

 

しかし困ったことがある。

 

その人がよく私に聞いてくるのだ。

 

「どうしたら物事をプラスの方向に考えられるのか」とか「どうしたらもっと強いメンタルを持てるのか」とか。

 

色々と私もアドバイスはしてみるのだが

 

その度に返ってくるセリフが

 

「でも私、こういう性格だからさぁ~」と。

 

うん、

 

じゃあ救いようがねえ(笑)

 

それを言われたらもう終わりなのだ(笑)

 

何を言っても、どんなに的確であろうアドバイスをしても「性格の問題」で片づけられたら手の施しようがない(笑)

 

だから私は最近、ネガティブの度が過ぎる人と接する時というのは

 

良い意味でスルーすることにしている。

 

適当に話を聞いてあげて、真に受けない。

 

真剣にアドバイスなんかしたところで、大抵意味がない(笑)

 

むしろ本人はネガティブであることを自ら望んでいるかのようにすら思える(笑)

 

なるべくネガティブな人とは同じ空気を吸いたくはないものだが、やむを得ない場合もある。

 

そんな時は

 

スルーがベスト。

 

そのスルーが「自分は冷たい人間なのかな」なんて思わなくていい。

 

むしろ一緒になって悩んだりしてネガティブのおすそ分けを喰らう方がよろしくない。

 

 そりゃ助けてあげたい、力になってあげたい、救ってあげたいとは思っている。

 

だけど「自分はこういう性格だから」と言われたら、何も言えなくなる(笑)

 

だからただ適当に話を聞いてあげて、適当に相槌を打って、華麗なるスルーを決めるのがベストなのだ(笑)

 

深入りしすぎて時間と感情の浪費をしている暇なんてないのである。

 

 

 

以上

 

本日のぼやきでした!!

圧倒的個性で突き抜けよ。

圧倒的個性で突き抜ける。

 

武器はどこにある?

 

誰かから渡されるのか。誰かから教えて貰うのか。

 

それとも書店にいけば本にでも書いてあるのか。

 

いやいや、すでにある。

 

それはもうすでに自分の中にある。

 

そう、自分だけの圧倒的個性である。

 

これからの時代(というか大昔からそうなんだろうけど)圧倒的個性で戦うしか道は切り開けない。

 

この世界での成功者っていうのは極めて変人で変態が多い(笑)

 

良い意味でぶっ飛んでるということ。

 

その個性を恥じることなく、人目など気にせず貫き通した。

 

その結果どうなった?

 

未来を変えた。

 

万人ウケなんて狙わなくていい。

 

100人中50人に嫌われても、残り50人が支持してくれればそれでいい。

 

その支持してくれる50人こそがあなたにとっての100だ。

 

たとえば日本を代表するアーティストのB´zだって「うるさいから聴かない。好きじゃない」っていう人も結構いるからね(笑)私は大好きだが。

 

だけどハードロックで突き抜けてあそこまで歴史的な売り上げ作ったのは圧倒的個性があったからこそだ。

 

とかく人は万人ウケを狙いたがる。

 

誰からも好かれるようになりたい、多くの人に愛されたい。

 

嫌われたくない、あの人もこの人もみんなターゲットにしたい。

 

なるほど。

 

じゃあたとえばTシャツを作って販売してみるとしようか。

 

多くの人に買って貰いたいからあざとく無難なデザインで無難な値段設定で売ってみる。

 

だけどそれ

 

ユニクロに勝てるか?(笑)

 

という話である。

 

ユニクロが作ってるTシャツはもはや安くて品質もいい。ブランドネームもあって安心、信頼だ。

 

ならば一般人がTシャツを売るならユニクロで手に入るようなものを作っちゃダメだろう。

 

ユニクロが絶対に作らない、絶対に作れないようなものを売った方がいい。

 

それは仮に多くの人の支持を得られなくても構わないのだ。

 

たとえば「うんこ漢字ドリル」がヒットしているが、あんなもの普通だったら絶対に作らないだろう(笑)正気の沙汰じゃない(笑)

 

だけど他の企業と同じものを作っても、意味がない。

 

だからこその「うんこ」だろう(笑)

 

「うんこ」が企業努力なのだ(笑)

 

「うんこ」にドラマ、ストーリーがあるのだ(笑)

 

この前、書店で見たのだけどあれは私も欲しいぞ(笑)

 

ネット社会になりライバルはどんどん増加している。

 

ユーチューバー?インスタグラマー?起業家?ラーメン屋?美容室?

 

一体どれだけの数がひしめき合っていて、どれだけの数が未来に生き残れるんだ。

 

生き残るためにあざとく無難にウケ狙い?

 

それは逆だ。

 

生き残るために

 

圧倒的個性で突き抜けなければならない。

 

それにはリスクもあれば、不安や恐怖もあるだろう。

 

だけどその覚悟がなければ頭一つ抜きんでることなどできない。

 

自分だけの圧倒的個性、大切にしよう。

 

それはお金では買えないのだから。

 

とりあえずこのブログで何を伝えたかったかというと

 

「うんこ」には無限の可能性があるということだ(笑)

 

以上。

店舗でしか味わえない神懸った接客とかそういう付加価値がないとアマゾンに勝てないよ。

前から新しいカメラのレンズが欲しいと思っていた。

 

そんな中、たまたま通りかかった家電量販店。

 

「ちょっくら見てみるか」と中に入ってレンズを物色。

 

勿論なのだけど通販で買った方が安いであろう。しかもアマゾンの驚異的な安さね(笑)

 

しかし店舗の醍醐味として

 

値引き交渉がある。

 

商売というものが生まれる大昔から値引き交渉というものは存在していたはずだ。

 

人間臭くてなんか良いね(笑)

 

であるならば迷わず交渉(笑)

 

そういうのも楽しいではないか。

 

早速、店員さんに話しかけてみる。

 

私「あの~カメラのレンズが欲しいんですけど~」

 

店員さん「あ!分かりました。では担当の者をお呼びしますね!」

 

と担当の人を呼んできてくれるらしい。

 

ワクワク。

 

どれだけ安くできるかな(笑)

 

と、待っていると

 

そこで私の前に現れたのは見るからに

 

冴えない男性店員。

 

言葉は悪いかもしれないが

 

もさもさしている(笑)

 

清潔感に欠ける感じね(笑)

 

まず第一印象で私の購入意欲は少し下がったのは言うまでもない(笑)

 

しかし話してみなければ分からない。話してみたら実にユニークなナイスガイかもしれない。そしてなにより値下げしてくれるかどうかが大事なのだ。

 

私「これ欲しいんですけど、値引きってどれぐらいイケます?」

 

店員「え、あ、はい…えーと、あの、少々お待ち下さいね…う~んと」

 

うん、

 

まず元気がない(笑)

 

その時点で私は萎えた。

 

でも大事なのはお値段よ。

 

そこで彼は電卓で私に金額を提示してきた。

 

店員「こんな感じでどうでしょうか?」

 

うん、

 

雀の涙ほどしか値引かれていない(笑)

 

もう少し値引き交渉を楽しみたかったので

 

私「もうちょい頑張れませんか?そこをなんとか!」

 

店員「あ、これ以上は無理です」

 

チーン…終了(笑)

 

う~ん…

 

おそらく…おそらくなのだけど

 

もし店員さんが人間味溢れるナイスガイとかで押して引いての値引き交渉が楽しめていたら

 

ネット通販より多少高くても買ってた。

 

劇的な値引きはしてくれなくても、

 

〇値引き交渉という楽しい時間

 

〇人間味溢れるやり取り

 

〇私のために少しでも頑張ってくれた

 

という要素に価値を感じるから「ああ、ここで買うのもアリだな」と思える。

 

通販の方が安いことは知っていつつも。まあその差は数千円だ。

 

ネットが人々の生活の中心にあるような時代。

 

ネットで買う方が便利だし、安い。

 

みんなネットで買う時代になってくる。

 

店舗の存在理由そのものが危ぶまれてくる時代になってくる。

 

そういった時の武器ってやっぱり

 

ネット通販では味わえない

 

神懸った接客とか、笑顔溢れる対応とか、人間味を感じる温かさとか、そういうものだと思うのだ。

 

私を接客してくれたもさもさした彼と話していて思ったのが

 

まるでマニュアル化された機械と話しているかのように、心がこもっておらず、つまらなかったのだ。

 

あと見た目の清潔感もビジネスパーソンには大事よ(笑)

 

イケメンになれと言っているのではない。清潔感である。

 

まあこちらも値引き交渉してくる面倒な客だと思われていたのかもしれないが、そもそも

 

「値引き交渉致します!」と家電量販店側が商品の値札に明示しているからね?(笑)

 

その元気、威勢はどこへやら。

 

まあたまたま私を対応してくれた店員さんの元気がなかっただけで、他の店員さんは違うのかもしれない。

 

とにかくこれからは

 

ただ突っ立っているだけの接客じゃダメな時代が必ず来る。

 

だってそれならアマゾンで買い物すればいいわけだから。変わりがない。

 

店舗はもっと力を入れないといけない。

 

〇このお店に行ってみたい!足を運んでみたい!

 

〇あの店員さんに会いたい!話したい!

 

〇店舗に行かなければ絶対に味わえない空気感、ネット通販では味わえないあの雰囲気

 

そういったものがなければキツイ。

 

店員のマニュアル化が求められていたのは昔の時代。

 

今は逆に少しドジで間抜けでも一生懸命頑張ってくれる人間味のある店員さんとか、お客さんと上手にコミュニケーションを取れるような店員さんに価値がある。

 

うん。

 

やっぱり結局は

 

人間的厚みって大事だな~

 

どんな仕事でも人間的厚みのある人は愛される。

 

って思った話。

 

以上、本日のボヤキでした!